飼い主の方へ

  • イベント情報
  • 入院のご案内
  • 病気と予防法
  • 避妊・去勢手術
  • 健康診断ドック

獣医師の方へ

  • 学会開催案内
  • 症例
  • 小動物臨床血液研究会
  • 採用情報

病気と予防法

犬の病気予防

狂犬病

感染した動物(イヌ、ネコ、キツネ、アライグマ、イタチなど)に咬まれることにより感染します。感染したウイルスは中枢神経に向かい、最終的には脊髄や脳に達し神経症状を起こします。初期の症状は、行動の異常や食欲不振がみられる程度ですが、次第に凶暴化や麻痺状態となり、ついには衰弱して死亡します。犬も人も発症後は治療法がなく(死亡率ほぼ100%)、犬が感染した場合は安楽死をさせます。

予防方法 注射
※狂犬病予防法により一年に一度の接種が義務付けられている。
病気について 狂犬病ウィルスが原因で、人間にも感染する恐ろしい伝染病。 日本ではここ30年以上発生していませんが他国ではいまだに野生動物に発生しているので要注意。
ウィルスは感染動物にかまれると神経に入り込んで移ります。

ウイルス感染症

予防方法 注射
基本的に1年に一度の接種
子犬の場合は生後90日になるまで3週間間隔で接種
成犬ではじめて摂取する場合は3週間間隔で2回接種
予防効果 100%ではないが伝染病にかかってしまったとしても接種していない状態と比べるとはるかに軽くすみます。
予防できる伝染病

一口にワクチンと言っても様々な会社が様々な薬を作っています。 そしてどんな素晴らしい注射も犬の健康状態のいい時期に接種しなければ意味がありません。そのため

  • 良い会社
  • 良いワクチン
  • 良い保存状態
  • 犬の健康状態

以上の4点に気を配り接種します。

せっかく接種したのに免疫がつかなかったということの無いように当院では以下の項目にまで注意を払い接種します。

ワクチンは伝染病予防のためのものですが、詳細のチェックを行いますので特に成犬にとっては一年に一度の健康診断のつもりでご来院ください。

身体検査のチェック項目

フィラリア

蚊に刺されることでソーメンのような虫(フィラリア)が心臓や肺にいく血管(肺動脈)に寄生します。症状としては咳、疲れやすくなる、痩せる、腹水が溜まるなどがみられます。進行すると治療が困難で死亡率の高い危険な病気です。犬の病気ですが、稀に猫にも感染します。

予防方法 内服薬ひと月に一度の投与(5月から12月まで)お好みで錠剤タイプ、チュアブルタイプ。年に1度の注射でのノミ・マダニの予防もあります。
予防効果 正しい投薬で100%予防可能
副作用 既にフィラリアに感染していて血液中にミクロフィラリア(フィラリアの子虫)がいる犬に予防薬を投与すると副作用が出る場合があります。 副作用は元気や食欲がなくなったり、場合によっては死亡にいたってしまう怖い程度のものまで、さまざまです。 ですから、安全のためには予防薬をお渡しする前に血液検査でミクロフィラリアの確認を行う必要があります。

内部寄生虫

回虫 体調10cm前後で先端のとがったひものような白い虫。
便検査を行い、主に内服薬で駆虫します。
便検査を行い寄生がわかったらすぐ駆虫をしてください。
条虫 いくつもの体節が集まって出来た平たいひも状の虫 体長が50cm以上になります。
便の中に1cm弱の体節が一個一個ちぎれて出てきます。
この体節は乾燥すると白い米粒のようになって床に落ちたりします。
ノミが介在するため、ノミの駆除が大切です。
犬鉤虫 鉤のような歯を持っている虫で長の粘膜にかみついて寄生するため激しい症状が出ます。内服薬で駆虫します。
口や皮膚から感染するため散歩中などに別の犬から感染することもありますので完全な予防は困難です。 万が一感染したらすぐに駆虫を行い、後は犬の寝床などを清潔に保つと良いでしょう。
トキソプラズマ 小さな虫なので顕微鏡で見ないと見えません。本来は猫に寄生しますがその他ほとんどの動物に寄生します。生肉を食べさせないこと、猫の便はすぐに処理することが最大の予防です。
フィラリア フィラリア予防の項目を参照してください。
戻る
ページのトップへ