飼い主の方へ

  • イベント情報
  • 入院のご案内
  • 病気と予防法
  • 避妊・去勢手術
  • 健康診断ドック

獣医師の方へ

  • 学会開催案内
  • 症例
  • 小動物臨床血液研究会
  • 採用情報

病気と予防法

猫免疫不全ウイルス感染症

原因

猫エイズとの呼ばれ、ヒトやサルのエイズウイルスと同じ仲間のウイルスによって免疫不全が起こる感染症で、末期にはエイズの症状を発症します。

感染経路

猫白血病ウイルスと同様に感染した猫の唾液を介して伝染しますが、なめ合ったり、同じ食器で食事をしても伝染することはありません。けんかをして咬み合った時に傷からウイルスが体内に侵入して感染します。人や他の動物には伝染しませんが、トラやライオン、ヒョウなどのネコ科の動物には感染します。天然記念物であるイリオモテヤマネコが家猫からこのウイルスに感染して問題になっています。

症状

ウイルスに感染すると4〜6週間の潜伏期の後、発熱や白血球減少が持続的にみられることがあります。多くの猫は外見上元気で異常がないように見えますが、全身のリンパ節が腫れ、これが数カ月から1年近く続きます。この期間を急性期と呼びます。急性期の後に全く症状のみられない無症状キャリア期が数カ月から数年続きます。その後、慢性の病気がみられるようになり、体重の減少が進行して行きます。

この時期免疫力の低下により様々な病気がみられますが最も良くみられるのが口内炎で、はぐきの腫れや出血、口臭、よだれなどがみられ、痛みにより食餌が採れなくなることもよくあります。また、慢性の下痢や発熱、鼻炎、結膜炎などもみられることもあります。この時期をエイズ関連症候群と呼びます。エイズ期ではさらに病気が悪化し、日和見感染や悪性腫瘍が発生し、極度に痩せ細り、急速に衰弱し死に至ります。感染した猫のすべてがこのような経過をたどるわけではなく、感染していても症状がでないままで長生きする猫もいます。

検査法

感染しているかどうかは血液検査で簡単にわります。抗体を測定する方法で感染初期や末期のエイズ期では陰性になることも考えられます。通常感染後2週間以上経てば抗体の測定が可能となります。拾ってきた猫を飼い始める時や外に出てけんかをした時は検査を受けた方がよいでしょう。

治療と予防

ウイルスを体からなくしてしまう治療法は現在のところありません。しかしエイズ期以外であれば対症療法によって症状を改善したり、延命することは十分可能です。例えば口内炎を起こして食べられなくなった猫をうまく治療すれば、採食が可能となり、体重も増え、貧血が改善することもしばしば経験します。逆にこれを放置すれば痩せて行き、貧血が進行し、免疫力はさらに低下し、その結果他の疾患が発症し、死んでしまうこともあります。感染している猫でも発症していない場合、できるだけストレスをさけ家の中で飼えば長生きさせることが可能です。

ストレスは免疫力を低下させる原因となります。外に出ることは猫にとって非常にストレスであり、さらにけがや病気に罹患する機会が増加します。避妊や去勢手術をして外出させないことがこのウイルスに感染している猫を長生きさせる一番良い方法です。また、なんらかの病気を発症した場合、早期に発見して適切な治療を受けることが重要です。このウイルスに対するワクチンはないため、すでに感染している可能性のある猫と接触させないことが唯一の予防法です。わが国における健康猫でのこのウイルスの抗体保有率は10数%と言われており、けんかをすると感染する確率は高いと思われます。

戻る
ページのトップへ