飼い主の方へ

  • イベント情報
  • 入院のご案内
  • 病気と予防法
  • 避妊・去勢手術
  • 健康診断ドック

獣医師の方へ

  • 学会開催案内
  • 症例
  • 小動物臨床血液研究会
  • 採用情報

施設案内

マイクロバブルバスを導入しました。

  • 4列マルチスライスCT装置を導入しました。
  • 短時間で被爆量の少ない正確な検査が可能です。
  • 病変の部位や形状等の細かい情報を得ることができるようになり、レントゲン検査やエコー検査では分からなかった病変が明らかになる場合があります。

駐車場CT検査はX線を360°方向から照射し、身体の断面を撮影する検査です。
全身麻酔をかけ、人工呼吸の下で撮影を行います。検査時間は30分くらいで終了します 。

CT検査

待合室

待合室明るく広いスペースをとってあります。診察室から手術室までガラス張りなので、処置中のペットの様子が待合室から伺えます。待ち時間は設置してあるテレビの画面に映し出されるペットの病気などに関する情報をごらんになってお待ちください。雨の日のしつけ方教室も待合室で行います。

しつけ方教室

猫専用エリアができました。

待合室待合室に猫専用エリアを作りました。これで猫ちゃんもゆっくり待っていただくことができると思います。

診察室

診察室待合室から様子が伺えるようにガラス張りの診察室になっており、身体検査や聴診などの検査を行います。また、診察室に設置してあるモニターでは検便やフィラリア検査の実際の画像を映し出すことができるので、寄生虫の卵や幼虫が一目で分かります。耳掃除や注射などの簡単な処置もここで行います。

レントゲン・エコー室

レントゲン・エコー室骨折・椎間板ヘルニアなどの診断に有効なレントゲン撮影や内臓の構造や妊娠を調べることができる超音波検査を行う部屋です。当院にはレントゲンFCR(fuji computed radiography)を設置しており、撮影したレントゲン画像を即座に診察室のモニターで見ることができます。

検査室・処置室

検査室・処置室検査室では血液検査や顕微鏡で細胞を調べる検査を行います。血液の中の細胞を計数する血球計算機、肝臓・腎臓の数値や血糖値・コレステロールの濃度などを測定する血液化学検査機、血液の中の酸素濃度などを調べることができる血液ガス分析器、血液の凝固能を測定する器械などが置かれています。

また、顕微鏡は高性能なものを設置しており、当院の得意分野である血液疾患や腫瘍疾患にたいして活躍しています。処置室では皮下点滴、歯石除去や外傷の消毒などの処置を行います。

また、ペットの体の中のホルモン濃度を測定する機械も設置しており、特殊な病気の診断も可能です。

手術室

手術室安全な麻酔管理のために、大学病院などで使用している人間用の最新鋭医療機器と同程度の吸入麻酔機を使用しており、これはコンピュータ制御の人工呼吸器を搭載しています。また、心電図モニター、カプノメーター(吐く息の中の麻酔濃度などを測定するモニター)などを設置して、手術中常に脈拍数や呼吸数、血圧、血液中の酸素や二酸化酸素濃度を監視しています。

当院では生体内に異物となる縫合糸を残さないために血管を熱で閉じてしまうPKシステムや超音波振動により止血を行う超音波メスを手術に対して積極的に使用しております。また、誤って飲み込 んでしまった異物を胃の中から取り出したり、胃腸の検査を行う内視鏡検査もここで行います。

入院室

入院室どちらも汚れやにおいが残らないように常に清潔を保つよう工夫しています。入院室は24時間室温を保つように常にエアコンをつけています。ICUには重症の患者さんが入りますので、診察室からでも様子が伺える場所に設置しており、温度管理や酸素吸入も行えます。また、慢性の呼吸器疾患の患者さんに対しては薬剤の吸入療法(ネブライザー)も行っていおり、皮膚病の治療に有効なバブルバスも設置しています

マイクロバブルバス

  • マイクロバブルは数十ミクロンの小さな気泡で、毛穴の奥まで入り込み、皮膚の奥の老廃物を取り出すことができます。
  • 水流と気泡が皮膚をやさしく刺激することによって古い角質を除去します。
  • 取り除かれた汚れは気泡に付着するため、身体へ付着しにくくなります。
  • その後にシャンプー療法を行うとその効果がいっそう高まります。

アトピー、アレルギー性皮膚炎の補助療法としてお勧めいたします。担当獣医師にご相談ください。

施設や病院の雰囲気を動画でご覧になれます。

施設案内ムービー

駐車場

駐車場20台の駐車が可能です。

ページのトップへ