飼い主の方へ

  • イベント情報
  • 入院のご案内
  • 病気と予防法
  • 避妊・去勢手術
  • 健康診断ドック

獣医師の方へ

  • 学会開催案内
  • 症例
  • 小動物臨床血液研究会
  • 採用情報

診療案内

一般診療科

犬猫を専門にホームドクターとして、各種予防(ワクチン、フィラリア、消化管寄生虫、ノミ・ダニ)、健康管理、一般的な内科・外科診療を行います。
診療においては、「正確な診断がなければ的確な治療はできない」という考えのもと、ものを言えない動物の病状を的確に把握するために、自動血球計数装置、生化学自動分析装置、超音波エコー診断装置、デジタルレントゲン撮影装置、CT撮影装置、電子スコープ内視鏡装置、血液凝固分析装置、血液ガス測定装置、自動免疫蛍光測定装置、高性能顕微鏡装置など各種診断装置を必要に応じて使用します。
ウサギ、ハムスター、小鳥の診療は専門外ですが、診察いたします。当院で対応不可能な場合専門医を紹介いたします。

専門診療科

以下の二次診療を行っています。基本的には主治医の紹介が必要です。

血液内科

原因不明の貧血や血小板減少症、白血病、リンパ腫などを骨髄検査や特殊血液検査により確定診断を行います。治療では化学療法や免疫抑制療法を中心に難治性の血液疾患に対して高度医療を提供いたします。

消化器内科

内視鏡検査やCT検査、超音波検査による画像診断と生検による細胞診断などにより難治性の嘔吐や下痢の診断と治療をおこないます。

腫瘍科

外科療法(手術)と内科療法(抗癌剤療法)を中心に腫瘍の治療を積極的に行い、苦痛のない、質の高い生活を維持しながら家族の皆様と少しでも長く一緒に生活していただくことを目指します。手術では、超音波凝固切開装置(超音波メス)やプラズマ凝固装置、低周波電気メスなどを使用して出血量の少ない手術を実践し、麻酔管理は高性能人工呼吸器内蔵の麻酔器と最新の体温管理装置を用いて、より安全性の高いものにしています。手術不適応で抗癌剤療法も無理な場合は、温熱療法や放射線療法(紹介)、免疫療法(紹介)も行います。

皮膚科

アレルギー性皮膚炎や難治性皮膚炎の診断治療を行います。アレルギー性皮膚炎の治療は薬物療法、食事療法、シャンプー療法が治療の3本柱となります。マイクロバブルバスを使ったシャンプー療法も行います。

リハビリテーション科

椎間板ヘルニアや整形外科手術の術後のリハビリテーションは非常に重要なことが明らかとなり、さらに高齢に伴う運動機能の低下がリハビリテーションにより軽減されることも解っています。当院では近赤外線発生装置による温熱療法や水中トレッドミル(水中歩行器)による機能回復を図っています。

ページのトップへ