お知らせ

【重症熱性血小板減少症候群(SFTSについて)】

岡山県東備地域において短期間のうちSFTSに感染した猫が複数頭確認されています。
この感染症は一般にマダニから感染すると言われていますが、それ以外にも猫から猫への感染も考えられています。
さらに山陽新聞に掲載があったように、感染した猫から人への感染も見られています。
猫に比べて犬のSFTSの発症は少ないようです。
猫を飼っている方は、ダニの予防はもちろんのこと、出来るだけ外に出さないことが重要です。
また、衰弱した猫を保護する時は、SFTSの感染を考慮して必ず手袋をして触るようにしてください。

山陽動物医療センター
院長 下田 哲也

ページのトップへ
飼い主のみなさまへ 2018年6月1日(金)より、午後の診療時間が変わります。

飼い主の方へ

  • イベント情報
  • 入院のご案内
  • 病気と予防法
  • 避妊・去勢手術
  • 健康診断ドック

獣医師の方へ

  • 学会開催案内
  • 症例
  • 小動物臨床血液研究会
  • 採用情報
山陽動物医療センター採用サイト